ナナマルイチ


コマンドラインでカーソルを自由自在に動かす

2017/04/28

環境: Ubuntu Server 17.04 + lubuntu-desktop

ターミナルを使っていると、例えば....

$ emacs memo/index.html

でEmacsを起動し編集をする。
そして[C-x C-c]でコマンドラインに戻ると、次にウェブブラウザで表示を確認したいと思う。

何かしらの方法でこの一連の作業を自動化できるのかもしれないが、なにせコマンドを打つ行為自体が好きなため、というかキーボードをカシャカシャすること自体が楽しいので、いまのところ以下のようにしている。

まず、[Ctrl]キーを押しながら[p]キーを押すと、先程の[$ emacs ...]というコマンドが表示される。

ここで[Ctrl]と[a]キーを押下すると、カーソルが行頭に移動する。

すかさず[Ctrl]と[d]を連打して「emacs」という部分を消していく。

そして最後に[google-]と入力し[Tab]キーを押すことで以下のようになる。

$ google-chrome memo/index.html

これで[Enter]キーを叩くと、Chromeウェブブラウザが起動し「memo/index.html」に書いた内容を確認できる。

表示確認が終わり、Chromeを閉じる時は[Ctrl]と[w]キーでウィンドウが閉じる。

主に使っているキーは...

Emacsのキーバインドとほぼ同じような動き。